.

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WebMoney ぷちカンパ

遂にPSP-goでもISO起動出来る?!『Half byte loader,Patapon 2、USB ISO LOADER』  

遂に、FW6.00までのPSPでISO起動が出来るようになったようです。
この方法だとFlashの書き換えをしないで出来るようになります。
053374e49ad41d348830-LL.png


*写真は、「DS PSP初心者用講座」より引用しています。
~YouYuteのアップされている動画~
以下はアップされている動画です。



しかし残念ながら、この動画を見るかぎりISO起動を確認できるものはありません。


~内容~
「Half byte loader,Patapon 2 cargando Emulador SEGA Picodrive」を作成したbugjam氏が、今度はHalf byte loaderでUSB ISO LOADERを使用して、PC内のISOデータの起動に成功したとして、新たな動画をUPしています。(らしいです。)


~起動条件~
・FW6.00のPSP-1000、PSP-2000、PSP-3000、PSP-go
・パタポン2 欧米版(製品版、体験版可能)
・Half-Byte Loader(最新版をダウンロード
・USB ISO LOADER


~起動方法~
①XMBにて、PCとPSPを繋いだ状態にしておく。
(自動認識にしておく。)
②「USB ISO LOADER」をPCで起動しておく。
→使い方は、「USB ISO LOADER」で検索
③パタポン2でExploitを実行する。
セーブデータロード後は、Rを押して開始するのを忘れずに。

詳しく実行方法はこちらから


~考察~
・Exploit実行後に、うまくUSBの認識が出来れば、起動が出来ます。
FW6.20で試した結果、Half-Byte Loaderがうまく起動できないため、XMBに戻ります。
・EBOOT.PBP(一般的な体験版のファイル)は、ISOと構成はほぼ変わりません。
唯、問題として、起動した後ライブラリ「*.prx」を読み込む際に、カーネルモードになる必要があります。
起動しないisoの多くはこの問題が起因ではないでしょうか。
でも、自作ソフトを起動できているわけなので、ISOも普通に起動出来るのかな~?
今後に期待です。

MSから直接、ISOを起動する方法:
ダウンロード
解凍した後、中に入っている[bootload]フォルダの中の、「EBOOT.PBP」「bootload.prx」「rdriver.prx」を以下の位置に保存します。
ms0:/
EBOOT.PBP
bootload.prx
rdriver.prx
起動したいISOフォルダは、以下の位置に保存。ファイル名は「ISO.ISO」で。
ms0:/ISO/ISO.ISO

同じようにパタポン2を起動してみます。
CFWのM33が入っているPSPだと起動できます。

PSP-goは6.20なので、根本的に起動が出来ません。
6.00以下で起動できた、出来なかった、ってことを報告欲しいです。
WebMoney ぷちカンパ

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントをお寄せ下さい

 必須
 必須
 必須
       
 必須
(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://psp0kaizou.blog36.fc2.com/tb.php/611-7a3cffdb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。