.

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WebMoney ぷちカンパ

意外と知らないこと 

今回は、クレジットカードについて紹介していきます。
クレジットカードといってもアバウトなので、カード番号についてちょっとしたことを紹介していきます。


~BIN(Bank Identification Number)~
カード番号のプレフィックス(頭の番号)は、カードの属するクレジットカード網を特定する数列である。
最初の6桁は銀行識別番号 (Bank Identification Number, BIN)と呼ばれ、カードのイシュア(発行事業者)を特定する。番号の残りの部分はイシュアによって割り当てられる。

BINでカードの種類を識別、分類することができる。

先頭1桁は次のように規定されている。

・ 0ISO/TC68と他の産業割当て
・ 1航空会社
・ 2航空会社と他の産業割当て
・ 3旅行とエンターテインメント
・ 4営利的銀行業
・ 5営利的銀行業
・ 6取引と銀行業
・ 7石油
・ 8テレコミュニケーションと他の産業割当て
・ 9国家割当て



~参考~
詳しくはこちらこちらを参考に



~カード番号の秘密~
・カード番号を入力する有料で悪質と思われるサイトに使える裏技・・・

まず、どうやってカード番号が合っているか間違っているかを判別しているかがポイントです。

Luhnという暗号を利用して暗号化されています。
具体的には、カードの識別用にBINと個人の番号とチェック用の番号で構成されています。

BIN(1~6くらい)+個人番号(8~11くらい)+チェック(1)


~チェックするコード~
以下のようになっています。
int iValidMod10(char *pStr)が0を返せば、合っている、その他は不正。
以下コードは某サイトから入手・・・いろいろやっててどこからとったか不明。

int iValidMod10(char *pStr){
int i;char c;
int iTotal;int iTemp;int iEvenOdd;

iTotal = 0;
iEvenOdd = strlen(pStr) % 2;

for (i = 0; i < strlen(pStr); i++){
c = pStr[i];
if (iEvenOdd){
iTotal += (c - '0');
}
else{
iTemp = (c - '0') *2;
iTotal = iTotal + (iTemp / 10) + (iTemp % 10);
}
iEvenOdd = 1 - iEvenOdd;
}
return iTotal % 10;
}




~適当に作る~
①まず、BINを探す。
②次に、BINの設定されている桁数ー1になるように適当に打つ。
③チェックサムを実行(実行結果を加える。)


サンプル
490643(VISA×××)・・・BIN
桁数16桁ー1に揃える
490643123456789
チェックサム実行・・・・3
4906431234567893

クレジット作成完了?

チェックサムはこちらを利用ください。
WebMoney ぷちカンパ

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

 必須
 必須
 必須
       
 必須
(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://psp0kaizou.blog36.fc2.com/tb.php/576-af1984c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。