.

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WebMoney ぷちカンパ

1.50 Kernel addon for 5.00 リリース 

1.50 Kernel addon for 5.00
27086c55.png


~このソフトの紹介~
このソフトはPSP1000専用で、FW1.50カーネルで起動のソフトを起動することが出来ます。
(⇒なぜFW1.50か?それはFW1.50当初のセキュリティが甘く自作ソフトの環境が整っていたから)
PSP-2000、PSP-3000ではe-loaderまたはLegacy Software Loaderをご利用ください。
注意点
このソフトの導入する際には、Flash0/dic/apotp.dicをバックアップしておいてください。漢字変換が出来なくなります。そのほかに、韓国語フォント・ロケーションフリープレーヤが削除されます。

~下準備~
・CFW5.00M33系PSP-1000
・1.50 Kernel addon
DL先①DL先②・DL先③DL先④
FW1.50
・ダミーgb3s1518.bwfon(⇒対象をファイルに保存をする。)

~導入方法~
①↑から「1.50kernel-add-on」DLし、解凍します。これを
ms0:/PSP/GAMEに保存します。
②FW1.50をダウンロードし、
ms0:/に保存します。(EBOOT.PBP150.PBPにリネームしてください。)

こんな配置になります。
 ms0:/
  ├PSP/
  │ └GAME/
  │   └150k_addon/
  └150.PBP

③次にFlash0/dic/apotp.dicをバックアップします。
(例:ms0:/flash0/dic/apotp.dicなどとわかりやすいようにフォルダを作って保存しておきます。)
⇒バックアップ忘れても、こちらのソフトを利用しダンプするとapotp.dicは入手できます。

④XMBから1.50kernel-add-onを起動します。
(Xで実行・Rでキャンセル)


以下の手順にはファイラーを使用するか、またはUSB DEVICEをFlash0にしてUSB接続をします。
ファイラーの場合・・・HACKERモードにした状態でSELECTを2回を押すとms0:/Flash0:/に変更でき、ファイルのところでXを押し、Oを押し、十字キーの→を押してms0:/flash0:/に変更した状態で保存します。

⑤1.50カーネルアドオンを導入後、先ほど③でバックアップしておいたapotp.dicをms0:/flash0/dic/に戻すために、以下の手順でいらないものを削除していきます。
(PCからはPSPに③のようにわかるようにバックアップをしておいてください。ちなみに「PSARDUMPER」を使い、ダンプすると生成されます。)
Flash0:/font/
ltn10~ltn15、gb3s1518.bwfon(⇒こちらを上書きしてください。但し、中国語の繁体字・簡体字が表示されなくなります。)
Flash0:/vsh/module/
dd_helper.prx、dd_helper_utility.prx、ps3scan_plugin.prx、camera_plugin.prx
Flash0:/vsh/
ps3scan_plugin.rco、dd_helper.rco、camera_plugin.rco

(ps3canがリモートプレイの関連です。cameraはカメラ関連です。
dd_helperは何でしょう?支障なかったので削除でいいと思います。
全て削除する必要はありません。apotp.dicが入る容量が空けばおkです。
全て削除すると、ロケーションフリープレーヤ・カメラ・リモートプレー、韓国語・中国語の表示が出来なくなります。)

削除したら、③でバックアップしておいたapotp.dicを以下の位置に保存してください。
ms0:/flash0/dic/

⑥これで導入完了です。
WebMoney ぷちカンパ

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

 必須
 必須
 必須
       
 必須
(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://psp0kaizou.blog36.fc2.com/tb.php/503-e45c34f5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。