.

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WebMoney ぷちカンパ

更新情報 

・プラグインの「なんでも検索」の選択肢追加
*一部文字コードにより検索エラーあり

・検索だけのページ作成
こちらから

・archives.htmlを若干変更

・一部javascriptのバグ修正

ーーーーーーーー追記ーーーーーーーーーー
初心者手引の用語追加
検索を有効
⇒「初心者手引」はこちらから
WebMoney ぷちカンパ

TA-88v3ハック? 

TA-88v3は正規のIPL以外では、起動しないCPUが搭載されているマザーボードで有名ですが、
BrokenCodes氏が、pre-IPLの暗号化を解読できた模様です。
(⇒TA-88v3がモディファイ出来ない理由とは?

(⇒Darkalex氏ブログにて

しかし、PSP-3000には前回取り上げられた「LiteblueTool」を利用しないといけないようです。
liteblue.jpg
(⇒LiteblueToolとは?
WebMoney ぷちカンパ

UMDGENの利用方法 

~目次~
ソフト紹介
UMDGEN公式サイト
下準備
導入方法
使用方法
実際に圧縮加工してみる
参考までに

ー機能ー
エクスプローラ      ・レイアウト
PARAM.SFO情報    ・セクタービュー
圧縮・変換(ISO/CSO/DAX)


ソフト紹介
このソフトはUMDのデータを展開出来、ISO⇔CSOのように圧縮加工など出来ます。


下準備
・UMDGEN(DL先①DL先②
・CFW導入済みPSP
・加工対象のUMDまたはISO・CSO形式のファイル

UMDGEN公式サイト


導入方法
①まず、UMDGENをダウンロードします。
②rar形式なので解凍し、適当なところに保存します。(英語版ですが、簡単な英語なのでわかると思います。)
③起動します。


使用方法
①「UMDGEN」を起動します。
②ISOまたはCSO形式のファイルをドラッグドロップします。すると以下のように表示されます。

エクスプローラ
UMDの中身を閲覧出来ます。ファイルの削除・追加・変更・リネームをすることが出来ます。
SCR000001.jpg

レイアウト
以下の通り
SCR000002.jpg

UMDの要求FW・UPDATEファイルなどの閲覧
UMDのPARAM.SFOに記載されている情報を読み取りを行います。その他、いろいろ設定できます。
SCR000003.jpg

Sector Viewer
ブロックごとに16進数・10進数での閲覧が出来ます。
SCR000011.jpg

Convert (ISO/CSO/DAX)
圧縮加工・未圧縮などが出来ます。圧縮率は1~9まで設定可能です。
(*1が低/9が高)
SCR000004.jpg
SCR000005.jpg


実際に圧縮加工してみる
①適当に圧縮したいISOファイルを用意します。
②ドラッグドロップして、エクスプローラにて表示させ、「SYSDIR」の「UPDATE」フォルダをフォルダごと削除します。
(⇒これはUMDに付属しているアップデート用ファイルです。ISOで起動する際は不必要なので削除できます。)
SCR000006.jpg

③一旦ISOで保存します。(上書き厳禁
保存終了後、元のファイルは削除可
SCR000007.jpg
SCR000008.jpg
SCR000009.jpg

④この地点では、「616.97MB」⇒「511.94MB」になりました。
次に、ISO⇒CSOに圧縮します。今度はISOではなく、CSOに変更して保存します。
左上「File」の「Save as」「Compressed (*.cso)」を選択します。(ショートカットキーはCtrl+C)
SCR000003-1.jpg
SCR000012.jpg
SCR000013.jpg

⑤「Please select compression value」
圧縮率の指定をしてください。(1最低/9最高)
*圧縮率によっては起動出来なくなるので、この作業をする際はバックアップをしておいてください。
SCR000014.jpg


参考までに
今回のISOでは、圧縮率9で350MBまでなりました。
*通信対戦などのソフトでは、圧縮すると遅くなる傾向にあります。また、固まったりフリーズする場合があるので、圧縮する場合は、若干圧縮率を下げることをオススメします。
*当然ながら、ISOよりCSOは読み込みが遅くなります。(UMDよりは早いまたは同じくらいです。)
*CSOの圧縮は付加逆圧縮を利用しているので、グラフィックが落ちることはないとのことです。
*音楽ファイルは、質が若干下がる場合があります。
WebMoney ぷちカンパ

DSi&PSP-3000ハック!? 

文章長くなるので目次

DSiハック
PSP-3000ハック?

ーーーまずはDSiのハックについてーーー

1.まず、いままでDSでバックアップしたゲーム(コピーゲーム)をする際にはマジコンといわれるカードリッジが必要でした。
しかし、任天堂はDsiに対して、完全な対策をしてきたので、マジコンそのままでは、エラーが出るようになってしまいました。(エラーの出方については以下の通り)
1.電源オン時の初期エラー(自動ブート型のマジコン)
2.ゲームのカードリッジ未認識によるエラー
3.ゲーム選択後、電子認証(?)によるエラー

起動動作確認映像は以下を参考に
(確認に13分も費やしていますw *閲覧にはニコニコ動画の会員になる必要があります*)



こんなにマジコンがあってひとつも起動が出来ないと思いきや、日本人プログラマのyasu氏がDSiのハックを成功させています。
~日本人プログラマyasu氏について~
ポケモン改造関係などハッカーとしてこの業界で有名みたいです。

以下↓ハック映像(helloworld「ハローワールド」一番初めに起動確認などにやる簡単なプログラムです。なぜ[helloworldかは⇒こちらを参考に])



ハック映像Part2


DSiでマジコン(R4)起動は可能⇒こちら参照
DSTTも可能⇒こちら参考
「Acekard」も起動可能(トラブルはいくつかあり、またSDカードの接続はまだ)⇒こちら参照
*他に起動可能「1.の自動ブート型でなければ」起動は出来ると思います。




ーーーPSP-3000ハックについてーーー
まだ確認は出来ていませんが、パンドラバッテリPart2(青のパンドラバッテリが発売されるとのこと。)
新しい青いパンドラバッテリの名前は「LiteblueTool」。
liteblue.jpg


~発売するDatelの公式見解の内容(⇒詳しくはこちら参照)~
PSP-3000には従来のサービスモードバッテリーを無効にする暗号化チップが採用されており、LITE BLUEは「シリコンレベルの」リバースエンジニアリングによりプロテクトを突破したということになっています。
製品としてのLITE BLUE TOOLバッテリーはJigKickバッテリーモードと通常の交換バッテリーモードの切り替えが可能、バッテリー側にステータスLEDつき。万事つつがなく進めば11月28日から、約30米ドルほどで市販される予定。

ただ現在のところサービスモードに入らせることができるとはされているものの、いわゆるカスタムファームウェアの動作や導入についてはこれから検証が進む段階です。

IPLとCPUに対策があるためです。
⇒詳しくはこちらを参考

WebMoney ぷちカンパ

FlVから音楽ファイル抽出 

vixy.net

サイト紹介
vixy0199192009111@191.png

↑サイトはオンラインでFlash Video や FLV 形式の動画から MPEG4 (AVI/MOV/MP4/MP3/3GP)を抽出できるサイトです。
オンラインなので、ブックマーク登録をしておけば、PSPでも利用可能です。


使用例
YouTubeで配信されているものはFlv形式なので、埋め込まれているオブジェクトに記載されているURLを「vixy.net」に入力します。
(補足)
YouTubeの場合・・・http://www.youtube.com/watch?v=JN13Gmi73z0(青い部分が配信IDとなっています。)


~関連~
PSPTube・・・PSPでYouTubeを閲覧する自作ソフト。
⇒詳細はこちらから
WebMoney ぷちカンパ

質問&用語解説追加 

~更新内容~
・記事の下に「質問する」「用語解説」を追加しました。



⇒わからない言葉・語があったら、また、結構記事が初めの方を雑に書いていたので、わからないところがあると思うので、こちらで質問してください。管理人或は管理人代理がお答え致します。




・いま特に興味を持っていることがないので、ちょっとしたアンケートを実施します。
暇な人は答えてみてください。(コメントにて、このゲーム・アーティスト・スポーツがオススメなどあったら教えていただけると光栄です。)









~この記事のコメント欄の使用方法~(追記)
・この記事のコメント欄は、用語解説の語句補充用として利用したいと思います。
この語句は載っていない、記載されてなくてわからない。この語句は記載されていて欲しい、また新出語句があったら、この記事のコメント欄で投稿していただくとうれしいと思います。
WebMoney ぷちカンパ

HtmlFlashPortal 

HtmlFlashPortal
Webブラウザを利用し、AdobeFlashPlayerを利用したゲーム集だと思います。
後ほど詳しく説明


ダウンロード
WebMoney ぷちカンパ

Rubik's Cube 

Rubik's Cube
ルービック・キューブのソフトみたいです。
Rubiks_Cube.png


ダウンロード
WebMoney ぷちカンパ

PSP-3000にCFWは一応導入可能 

You Tubeにて こんな動画がありました。(てかもう一般に知られていますが・・w)


(解説)
まず、PSP-2000のCPUとPSP-3000のCPUを交換します。(CPUはTA-88v3以前の型番)
交換後、パンドラを使用し通常通りCFW導入させます。
<問題点>
CFWは導入できますが、液晶LCDがPSP-2000のCPUに未対応。
ビデオICのコントロールが異なっている。
新しいIC出力の場合、パンドラバッテリからのアクセスに応答しない。

そのため、TV出力をして、導入できているかチェックしているみたいです。


~そもそもなぜパンドラバッテリでアクセス出来なくなったのか?~(参考DarkAlex氏解説より)

ー全文翻訳ー
①PSPが起動する際には、ブートコードというものがNandやメモリースティックからIPLを読み込みます。
各ブロックの最初の0xA0 バイトはkirkハードウェアコマンドのヘッダーに当たります。その中にはキーや暗号データのサイズ、2つのハッシュが含まれています。一部はヘッダーそのもので、ほかはデータ本体です。残りの0xF60バイトは暗号化された本体データで、ハッシュに問題がなければその0xF60 バイトを復号します。
②TA-88v3以前は各ブロックの0xF60バイトを読み込み、所謂MMSに書き込むのがこれに当たります。
以前の型番とTA-88v3の違いは、FW4.00以上という条件です。
TA-88v3に搭載されている初期verの4.01にはIPLの暗号化形式を変更されているみたいです。

③FW4.01のIPLは暗号化データ本体のサイズを各ブロックの最後に0x20バイトを残すために0xF40まで減らしたのです。(オフセット0xFE0のデータ部分)
無作為抽出データで復号されているにもかかわらず実際にIPLは以前のPSPでも起動しているのです。その新しいpre-IPLの、0x20バイトに暗号があるようです。

 最初の0x10バイトは復号化されたブロックから計算されたハッシュのようですが、内容が不明です。おそらく復号化されたブロックから計算されている、と推定できるだけでもしかすると暗号化された物ですらないのかもしれません。4.01と4.05は複合化後のIPLブロックに共通点がありますが全体的には暗号化形態に違いがあります。


次の0x10バイトは復号化されたデータ本体に依存しているような気がします。(その前の0x10バイトももしかしたら同じ?)図では4.01と4.05は別モノですが実は4.05IPLの0x10バイトを4.01の同じ部分と入れ替えをしてみても起動してしまいます。

④このプロテクトのために4.00以下へのダウングレードはほぼ不可能です。新しいCPUが以前のファームウェアのIPLを起動できないためです。

図参考



~まとめ~
TA88v3の基板はランダム抽出するIPLの読み込み方式になっているので、
いままでのように、一部だけ数値を合わせてIPLにアクセスすることが出来なくなってしまったようです。
WebMoney ぷちカンパ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。